×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ズボラ主婦の
手抜きde節約


家計簿をつける・その1




 やりくりの費目を考える

節約の第一歩はなんといっても家計簿をつけることです。
家計簿を全くつけていないとお金の流れが把握できず、
何に一番お金を使っているのか、何を削れば良いのかさっぱりわかりません。

一番良いのは費目を細かく分けることです。
私が以前つけていた市販の家計簿は大きく分けて
「食費」と「その他」に別れますが細かく見ると食費の中にも
主食・副食・嗜好品・外食」と4つの項目に分かれていて、
その他の中には「
日用雑貨・衣料費・医療費・美容費・教育教養費・交通費・レジャー費・交際費」8つも項目が別れています。

性格的に細かい作業(?)が得意な人は苦にならないかもしれませんが
わたしには到底無理でした。

そこで、私みたいに面倒くさがりさんは費目を少なくしましょう。

せめて
「食費」「日用品」「レジャー」「育児(お子さんがいる人)または教育費」「その他」くらいに分けられれば上等だと思います。

私の場合は医療、衣料美容、交通費、交際費などすべてが「その他」に分類されます。








Copyright(c)2005 ズボラ主婦の手抜きde節約 All rights reserved.
Photo by m-style. Base template by WEB MAGIC.